有胞子性乳酸菌 GanedenBC30

プロテイン、HMB、ミネラルの有効活用もサポート!

GanedenBC30™ — 他に類のないプロバイオティクス

GanedenBC30™( Bacillus coagulans GBI-30, 6086 )は、細胞が保護胞子を形成する有胞子性乳酸菌で、体内の胃酸や胆汁などに負けず、生きたまま腸に届きます。植物の種が最適条件になるのを待って成長するように、胞子にとって水分量、温度、餌の量がちょうど良い状態となっている腸に到達してから、GanedenBC30は胞子を破って発芽し効果を発揮します。

GanedenBC30™は、整腸や免疫賦活などの一般的な乳酸菌が有する効果だけでなく、プロテイン、HMB、ミネラルの有効利用も可能にするプロバイオティクスです。

これらの有効性は、25 以上の研究により裏付けられており、また、アメリカFDA GRAS資格を備えた優れた安全性の実績があります。ヨーグルト、焼き菓子、シリアル、糖菓などさまざまな食品に取り入れることができ、世界中の1500 以上の主要な食品、飲料、ペット向け製品に使用されています。

※プロバイオティクス:「適切な量を摂取すると健康上の利益が得られる生きた微生物」のこと

プロテインからのアミノ酸吸収の増加

BC30をプロテインと併用摂取することで、22種類のアミノ酸中、アルギニン(+12%)、イソロイシ(+5%)が有意的に上昇し、その他18種類のアミノ酸でも数パーセントの上昇を示しました。また、男女別で解析すると、男性よりも女性で顕著な効果を確認しました(総アミノ酸量 全体+2.6%、女性+3.9%、男性+1.1%)。

本試験では、アミノ酸の評価のみですが、ペプチド類の産生も増えていると考えられます。過去、豚を使った試験では、ペプチド類を含めたプロテイン全体の利用が約10%増えたことも報告されています。

被験者:
健康な 30 名(18~40歳)を対象にした二重盲検交差試験
ミルクプロテイン摂取群あるいは、ミルクプロテイン+10 億個 CFU/日 BC30摂取群
期間:
2 週間

アミノ酸吸収量 AUC(Area Under the Curve)の比較

アルギニン

アルギニン

メチオニン

メチオニン

ロイシン

ロイシン

フェニルアラニン

フェニルアラニン

イソロイシン

イソロイシン

グリシン

グリシン

出典: Stecker et al. Nutr Metab (Lond) (2020) 17:93. Bacillus coagulans GBI-30, 6086 improves amino acid absorption from milk protein.

植物性プロテインとの相性

対象:
植物性プロテインとしてエンドウ豆、大豆及び米由来プロテイン
評価法:
胃及び小腸のインビトロモデル(TIM-1)において、BC30 の有無で消化された α アミノ窒素(アミノ酸やペプチド類)を示すAAN及び全窒素(全タンパク質)を示す TN の比 TN / AAN の比較

※AANはアミノ酸やペプチド類を表すので、この値が大きくなるとTN/AANの値が減少し、よりタンパク質が消化されていることを意味する。

3つのタンパク質ともTN/AAN がBC30 存在下で下がり、大豆及び米に対しては、2 倍の減少を示しました。これはBC30 が植物性プロテインをアミノ酸やペプチドに分解し、吸収性を高めることを示唆しています。

TN / AAN 比率

TN/AAN比率

出典:Beneficial Microbes, 2017; 8(3): 491-496

運動パフォーマンス向上 & リカバリー能力の改善

ウィルソン博士の仮説に基づき、エンドポイントとしてリカバリーに焦点を当てた二重盲検交差試験を追加実施しました。この研究結果ではリカバリー時間の減少が実証されました。リカバリー時間の減少は、膨張した筋肉の縮小および血中クレアチンキナーゼ値の低下、痛みの減少、知覚回復の増加、筋力の増加によって測定されます。この結果は GanedenBC30がプロテイン活用を補助し、リカバリー時間を短縮するとした先の調査結果および仮説を裏付けています。

被験者:
29 名の男性の二重盲検交差試験
カゼイン摂取群あるいは、カゼイン+10 億個CFU/日 BC30摂取群
期間:
2 週間
測定指標:
トレーニング後の筋損傷のマーカー / 痛み・リカバリーの認識 / パフォーマンス

痛み[ VAS ]

痛み[VAS]

トレーニングをすることで、両群にておいて痛みを有意に増やした(p < 0.001)。BC30とカゼインをともに摂取することで、カゼインを単独に摂取するよりも、トレーニング終了から72時間後の痛みを有意に減らした(p = 0.02)。

クレアチンキナーゼ[ U / I ]

クレアチンキナーゼ[U/I]

トレーニングをすることで、カゼイン群(+266.8 %, p = 0.0002)、カゼイン+BC30群(+137.7 %, p = 0.01)ではクレアチンキナーゼ量が有意に増えた。BC30 とカゼインをともに摂取することで、カゼインを単独で摂取するよりも、クレアチンキナーゼの増加が減る傾向(群×時間: p=0.08)があった。血液のマーカーは、知覚測定指標の結果を裏付けた。

知覚回復[ VAS ]

知覚回復[VAS]

トレーニングをすることで、両群において優位にリカバリーの認識が悪化した(p < 0.001)。BC30 とカゼインとともに摂取することで、カゼインを単独で摂取するよりも、トレーニング終了から24時間後及び72時間後でリカバリーの認識を有意に改善し(p = 0.001)、48時間後には改善傾向が見られた(p = 0.06)。

ウィンゲートパワー 前後の変化[ Watts ]

ウィンゲートパワー 前後の変化[Watts]

トレーニングをすることで、カゼイン群ではウィンゲート最大パワーが有意に減った (-39.8 Watts, - 5.3 %, p = 0.03)が、BC30 とカゼインをともに摂取することでウィンゲート最大パワーが増えた(+1.7 %, +10.1 Watts, p = 0.99)。群×時間には傾向が見られた(p = 0.07)。

出典: Jäger et al. (2016), Probiotic Bacillus coagulans GBI-30, 6086 reduces exercise-induced muscle damage and increases recovery. PeerJ 4:e2276; DOI 10.7717/peerj.2276

HMB の吸収を高める

被験者:
6 名の交差試験
摂取量:
HMB 摂取群または HMB + 20 億 CFU / 日 BC30 摂取群
摂取期間:
2 週間
HMB の吸収

2 週間後の血中の HMB の量は、HMB 単独摂取に比べて BC30 を併用することでピークが 16 % 上昇し、曲線下面積(AUC) は 15% 増えました。このことから、Ganeden BC30 にはHMB の吸収を高める効果が示唆されました。また、別の臨床試験では、HMB とBC30 を併用摂取することでHMB 単独摂取よりも抗炎症効果が高いことが報告されています。

出典: Rathmacher J., unpublished.

ミネラルの吸収を高める

群分け:
24 匹の子豚を以下 2 群に分ける
・クエン酸カルシウム+マルチビタミンミネラル
・クエン酸カルシウム+マルチビタミンミネラル + 10 億 CFU / 日 BC30
摂取期間:
1 週間
評価法:
1日目と7日目のそれぞれの群の糞便中のミネラル等を比較

BC30 を併用することでほとんどの糞便中に排出されるミネラルが減少しました。これはBC30 がミネラルの吸収を促進したことを示します。

コントロール群対 BC30 群パーセント差

 クエン酸カルシウム + BC30
対 クエン酸カルシウム
P 値
全カルシウム(%)-0.3 %0.89
全銅(ppm)-12.0 %0.19
全鉄(ppm)-7.0 %0.82
全マグネシウム(%)-4.2 %0.13
全マンガン(ppm)-14.0 %0.35
全リン(%)0.9 %0.99
全カリウム(%)28.6 %0.20
全ナトリウム(%)-47.8 %0.89
全硫黄(%)-19.3 %0.58
全亜鉛(ppm)-10.5 %0.24
灰分(%)-5.3 %0.19
可消化エネルギー(Mcal/lb)2.3 %0.02
代謝エネルギー(Mcal/lb)1.8 %0.05

※可消化エネルギー: 摂取したエネルギーから糞へ排泄されるエネルギー量を差し引いた値
※代謝エネルギー: 可消化エネルギーから尿中に排泄されるタンパク質等のエネルギーを差し引いた値

免疫賦活作用:ウイルスに暴露した際の免疫応答力を高める

被験者:
80 名(6 ~ 8 歳)の健全な児童に対しての二重盲検試験
プラセボ摂取群または 10 億個 CFU/日 BC30 摂取群
期間:
3 ヶ月間
評価:
摂取前後の設問表スコアによる上気道感染症 & 消化器官感染症症状の割合
血中免疫系サイトカインの比較

上気道感染症 症状

上気道感染症 症状

消化器官感染症 症状

消化器官感染症 症状

結果、BC30 摂取は、プラセボに比べて上気道感染症状(鼻詰まり、鼻のむずむず感等)や消化器官感染の症状(ガスの蓄積、目の充血等)を減らし、種々の免疫系サイトカイン(TNF-α、ICAM-1、IL-6、IL-8 等)の有意な改善を示しました。

出典: Anaya-Loyola MA et al. Food Res Int 2019, 125:108567.


被験者:
10 名(18 ~ 43 歳)に 5 億個 CFU/日 BC30 摂取
期間:
28日間
評価:
摂取前後で被験者の採取した血液にインフルエンザウイルス(H3N2)とアデノウイルスⅥを添加した際の活性型T-細胞、種々の免疫系サイトカインを比較

活性型 T 細胞

活性型 T 細胞

摂取前に比べ、BC30 摂取 28 日後に採取した血液を両ウイルスに暴露させた際の活性型T- 細胞数が有意に増加し、免疫系サイトカインIl-6、IL-8、IFN-γ、TNF-αも上昇しました。これによりBC30 が、ウイルスに対しての免疫賦活を高めることが示唆されました。

出典: Kimmel M et al:Methods Find Exp Clin Pharmacol. 2010 Mar;32(2):129-32.

その他の研究

10 名(33-63 歳)に20 億個CFU/日BC30を30日間摂取させ、その後採取した。血液にインフルエンザウイルス(H3N2)もしくはアデノウイルスⅥを添加すると摂取前より有意に免疫系サイトカインTNF-1αが増加した。

出典:Mira Baron, MD.Postgraduate Medicine, Volume 121, Issue 2, March 2009, ISSN ‒ 0032-5481, e-ISSN ‒ 1941-9260

整腸作用:腹部の痛み、膨満感、排便回数の改善

被験者:
IBS(過敏性腸症候群)の 44 名(平均年齢48歳、82% 女性)を対象にした二重盲検試験
プラセボ摂取群または 8 億個 CFU/日 BC30 摂取群
期間:
8 週間
評価法:
摂取前後による腹部の痛み、膨満感に関しての自己設問表(5ポイントスケール)による比較

腹部の痛み

腹部の痛み

腹部の痛み

腹部膨満感

BC30 を摂取した被験者は、プラセボに比べて腹部の痛みと膨満感が改善しました。

出典:Postgraduate Medicine, Volume 121, Issue 2, March 2009, ISSN ‒ 0032-5481, e-ISSN ‒ 1941-9260

その他の研究

IBS(過敏性腸症候群)の55 名(18 ~ 73 歳、76 % 女性)を対象に、プラセボもしくは20 億個 CFU / 日 BC30 を 8 週間摂取させた。結果、BC30 摂取は、プラセボに比べ排便回数が有意に減少した。

出典:B.J. Dolin et al.Methods Find Exp Clin Pharmacol 2009, 31(10):655-659

健康な 61 名の(平均年齢 36.5 ± 12.6 歳)を対象に、プラセボもしくは 20 億個 CFU / 日 BC30をむサプリメントを 4 週間摂取させた。結果、BC30 摂取群は、学術的に認められている GSRS 自己設問表において、胃腸の諸症状(腹部の痛み、膨満感)を改善した。

出典:Kalman DS et al; BMC Gastroenterol. 2009 Nov 18;9:85.